[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:024885] Re: Laneed LD-10/100AL


浅田です。
別にLaneedのまわしものではありませんが、
Laneedの判断にも若干の合理性があったように思えます。

http://www.elecom-laneed.com/laneed/linux/tl42.html#100al
のLD-10/100AL rev.Bの動作チェックは
TurboLinux Workstation日本語版 6.0
で行われていました。

Linux Magazine5月号の付録CD-ROMに収録された同distributionの
kernel-source-2.2.13-33.i386.rpm
に含まれるvia-rhine.cのversionは
v1.02b 7/19/99
でした。

一方でそれよりも新しい2.2.14を採用しているVINE2.0では
v1.01 2/27/99
でした。

このことから、
TurboLinux社はkernelに含まれるvia-rhine.cを入れ替えて配布していたと思われます。

LaneedのWWWページにあった、手でpatchをあてよという指示は、
商用distributionであるTurboLinuxに新versionのdriverを導入
することに伴って起りうる障害を最小限にとどめるための判断
だったかもしれません。

もし本当にそんな判断で書かれたサポート情報だったとすれば、
LaneedのLinuxサポート方針は、本当にTurboLinuxに特化したものだと考えられます。

At Sun, 30 Jul 2000 15:19:55 +0900 Asada Michiharu <mic _at_ p1.coralnet.or.jp> wrotes:
> 浅田です。
> 
> kernel2.2.14のsourceに含まれるドライバ
> via-rhine.c
> のコメントに記載されたURL
> http://cesdis.gsfc.nasa.gov/linux/drivers/via-rhine.html
> から辿ることのできる、
> http://www.scyld.com/network/via-rhine.html
> に、VT6102のサポートについての記述がありました。
> 
> VT6102自体はbeckerさんのoriginalのdriverで既にサポートされていますので、
> 近い将来、安定版のkernelにも取り込まれると思います。
> 
> At Sun, 30 Jul 2000 14:08:16 +0900 murata <murata _at_ jttk.zaq.ne.jp> wrotes:
> > 村田です。
> > 
> > >こんにちは。藤岡@福島大学です。
> > >そのとおりです。rev.Bになってからチップが変わってしまったんです。
> > >rev.1は自動認識してあっさり動いてくれます。
> > 
> > やはりそうですかぁ。Laneedの動作保証じゃなくて
> > チップの動作保証を確認してから購入したいものですねぇ。
> > そういえば、同社のPCMCIA用某LANカードも新しい型になってから
> > 動作しなくなってるとか...だめやん。

--
浅田 倫裕
mic _at_ p1.coralnet.or.jp
〜メール環境をMew 1.92.4に移行しました〜
〜私の設定に問題を発見された方はご一報下さい〜

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
References: