[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:023917] Re:デフォルトでskk は使えないようですが


佐藤です。

いまemacs -nwのskkで書いています。^^)

> (setq canna-use-space-key-as-henkan-region nil)
> 
> を Canna の設定の*前*(これは重要です。昔この関係で苦戦したことスッカリ
> 忘れてました)に入れたところ、-nw でも SKK はキチンと動きましたよ。ちな
> みに kterm 上でも KON 上でも大丈夫でした。なんででしょうね? skkd-cdb 
> も使わないようにしたんですけど。

おっしゃるとおり、Cannaの前に入れたらemacs -nwでも
うまくいくようになりました。
なぜemacsとemacs -nwでこのような違いが生じるのかわからないですが。
ちょっと僕には手に負えない問題のような気がします。

> ちなみに「変換できない」というのは、上の canna の設定を入れる前のよう
> に[Mae]でスペースを押すと「前」にならずに「▽まえ(space)」になってしま
> うということでしょうか?この場合[KanJi]なら「感じ」のようになりますでしょ
> うか。だとすると問題は辞書関係ではないと思うのですが。(X上のEmacs で大
> 丈夫ってことはまぁそうなんでしょうけど。)

しっかりと「変換できない」という言葉の意味を定義するべきでした。

「前」にならずに「▽まえ(space)」になってしまう

という意味でつかっていました。

> # 実際僕は「変換」しようとしても候補が出ずにいきなりミニバッファに登録
> # を促される状況かと思っていました。

どうもすいませんでした。こっちの意味ではないです。

というわけで、無事解決しました。
オオクボさん、ZEROさん、keyさん、どうもありがとうございました。

それではここでまとめを書こうとおもいます。

まず、必要なもの。

skk10.59.tar.gzとSKK-JISYO.L。
なぜかこの両者は別々になっています。
両方必要です。

http://openlab.ring.gr.jp/skk/index-j.html

から持ってこれます。

それからskk10.59.tar.gzを展開。

gzip -dc skk10.59.tar.gz | tar xvf -

rootになって

make
make install

で、問題なくコンパイルでしました。
ローカルにインストールしたい人は
make PREFIX=~/
make install PREFIX=~/
でいいと思います。

rpmが得意な人は、

[vine-users:023297] [memo] skk-emacs20 on Vine2

が非常に参考になると思います。
ftp://ftp.plathome.co.jp/pub/linux/plathome-jrpm/6.1/SRPMS/
にskkのrpmの置き場所がかわっているようなので、注意。

あとは、SKK-JISYO.Lを.emacs.elで指定してある場所に置きます。
デフォルトでは/usr/share/skk/に置くようです。

あと、忘れずに.emacs.elに

(setq canna-use-space-key-as-henkan-region nil)

を付け足します。場所が非常に大切で、Cannaの設定のまえです。

たぶん以上で無事skkが起動するとおもいます。

参考に、現在の.emacs.elを添付します。
デフォルトのものを、すこしいじっただけです。
具体的には、前述の行と、skkのチュートリアルのための行だけです。



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;  FSF Emacs 20 用 ユーザ設定ファイルのサンプル
;;    MATSUBAYASHI 'Shaolin' Kohji (shaolin _at_ rins.st.ryukoku.ac.jp>
;;                        modified by Jun Nishii <jun _at_ vinelinux.org>
;;                            Time-stamp: <2000/03/14 20:49:41 vine>
;;  ベースにした設定ファイル:
;;  PJE-0.1 ユーザ設定ファイルサンプル for emacs(mule)
;;                       MATSUMOTO Shoji (shom _at_ i.h.kyoto-u.ac.jp)


;;; 初期設定ファイルの指定

(setq user-init-file "~/.emacs.el")

;;; 言語環境の指定

(set-language-environment "Japanese")

;;; 漢字コードの指定

(set-default-coding-systems 'euc-jp)
(set-buffer-file-coding-system 'euc-jp-unix)
(set-terminal-coding-system 'euc-jp)
(set-keyboard-coding-system 'euc-jp)

;;; 一行が 80 字以上になった時には自動改行する
(setq fill-column 80)
(setq text-mode-hook 'turn-on-auto-fill)
(setq default-major-mode 'text-mode)

;; 環境変数 EMACS_IME を調べる。- 現在のところ、canna または Canna なら、
;; 「かんな」を使用する。それ以外の場合は Wnn を使用する。

(setq emacs-ime (getenv "EMACS_IME"))

;; ここに書くのが非常に大事。(さとう)
(setq canna-use-space-key-as-henkan-region nil)

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;; Egg (Wnn フロントエンド) の設定
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

(if (or (equal emacs-ime "wnn")
	(equal emacs-ime "Wnn")
	(equal emacs-ime "wnn6")
	(equal emacs-ime "Wnn6")
	)
  (progn
    (autoload 'egg "egg" "Initialize EGG." t)
    (egg)
    (global-set-key "\C-\\" 'toggle-egg-mode)
    (define-key isearch-mode-map "\C-\\" 'isearch-fep-egg)
    (autoload 'toggle-egg-mode "egg" "Initialize EGG." t)
    (autoload 'isearch-fep-egg "isearch-ext"
      "Read string for incremental search by using egg." t)

    (setq egg-default-startup-file "eggrc-wnn") ; 95.6.1 by S.Tomura
    (garbage-collect)

    ;; jserver のリストを次の様にして指定できます
    ;;(setq jserver-list '("vanilla" "espresso"))
    (setq jserver-list '("localhost"))

    ;; "nn" で「ん」を入力
    (setq enable-double-n-syntax t)

    ;; "." で「.」、"," で「,」を入力。 
    (setq use-kuten-for-period nil)
    (setq use-touten-for-comma nil)

    ;; 1234567890%#%"' を「半角」で入力"
    (let ((its:*defrule-verbose* nil))
    (its-define-mode "roma-kana")
    (dolist (symbol '("1" "2" "3" "4" "5" 
    		  "6" "7" "8" "9" "0"
    		  "#" "%" "\"" "'" ))
    	(its-defrule symbol symbol)))

    ;; おまけ :-)
    ;;(set-egg-fence-mode-format "♪" "♪" 'highlight)
    )
)


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;; かんなの設定
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

(if (or (equal emacs-ime "canna")
	(equal emacs-ime "Canna")
	)
    (progn
      (load-library "canna")

      ;; color-mate を使わないで、漢字変換に色を付けたい時に
      ;;(setq canna-use-color t)

      ;; フェンスモードでなくアンダーラインを使う
      ;;(setq canna-with-fences nil)
      ;;(setq canna-underline t)

      (canna)

      ;; Canna を Ctrl-\ で起動します。コメントアウトすれば、
      ;; Ctrl-\ で skk が立ち上がります。
      ;; と、かいてありますが、出来ないようです。(さとう)
      (global-set-key "\C-\\" 'canna-toggle-japanese-mode)
;;
      (global-set-key "\C-_" 'canna-undo)  ;アンドゥの設定。
      (setq canna-save-undo-text-predicate ;アンドゥバッファへ入れる条件
            '(lambda (s) (> (length (car s)) 2)) )
      (setq canna-undo-hook ;アンドゥ+α。
            '(lambda () (message "再変換します....")                          
               (canna-do-function canna-func-henkan)) )

      ;;かんなの変換中に BS & DEL を使う
      ;;(define-key canna-mode-map [backspace] [?\C-h])
      ;;(define-key canna-mode-map [delete] [?\C-h])

      ;;かんなの変換中に C-h を使う (with term/keyswap)
      (define-key canna-mode-map [?\177] [?\C-h])
      )
)


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;; SKK-9.6m 
;;   Mule 上の仮名漢字変換システム SKK の設定
;;   C-x t でチュートリアルが起動します
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

;;;;;;;;;; 使用する辞書の設定 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


;;; SKK-JISYO.L をメモリ上に読み込んで利用する場合
;;; もってきたSKK-JISYO.Lをここで指定されているパスにおく
(setq skk-large-jisyo "/usr/share/skk/SKK-JISYO.L")

;;; SKK-JISYO.M をメモリ上に読み込み、
;;; 見付からない場合は skkserv を起動して SKK-JISYO.L から検索する場合
;;; (skkexdic パッケージが必要です)
;(setq skk-large-jisyo "/home/msato/open/SKK-JISYO.M")
;(setq skk-aux-large-jisyo "/home/msato/open/SKK-JISYO.L")
;(setq skk-server-portnum 1178)
;(setq skk-server-host "localhost")
;(setq skk-server-prog "/usr/libexec/skkserv")
;(setq skk-server-prog "/home/msato/open/dbskkd-cdb")




;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

(global-set-key "\C-x\C-j" 'skk-mode)
(global-set-key "\C-xj" 'skk-auto-fill-mode)
(global-set-key "\C-xt" 'skk-tutorial)
(autoload 'skk-mode "skk" nil t)
(autoload 'skk-auto-fill-mode "skk" nil t)
(autoload 'skk-tutorial "skk-tut" nil t)
(autoload 'skk-isearch-mode-setup "skk-isearch" nil t)
(autoload 'skk-isearch-mode-cleanup "skk-isearch" nil t)
(add-hook 'isearch-mode-hook
	  (function (lambda ()
		      (and (boundp 'skk-mode) skk-mode
			   (skk-isearch-mode-setup) ))))
(add-hook 'isearch-mode-end-hook
	  (function (lambda ()
		      (and (boundp 'skk-mode) skk-mode
			   (skk-isearch-mode-cleanup)
			   (skk-set-cursor-color-properly) ))))

;; チュートリアルのための設定(さとう)
(setq skk-tut-file "/usr/share/skk/SKK.tut")

;;以下はskkと無関係だとおもうので省略します。

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
References: