[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:023454] Re: software raidの設定


こんばんは、大久保です。(Euro2000、ノルウェー戦のため、まだまだ
作業できます)


At 7:03 PM 00.6.13 +0900, Masaki Kawamura wrote:
>こんにちは、かわむらです。
>
>> 大久保です。
>> ようやく vinelinux のインストールができたようなので、
>> software raid をさせてみようかと思っています。
>
>           (略)
>
>> さてはて、どなたかsoftware raid を動かした方はいらっしゃいませんか?
>> #kernelのバージョンダウンか?ちょっと嫌ですね。
>
>過去のMLの記事を「RAID」で検索するといっぱいでてきますよ。
>ちなみに、raidtoolsのrpmもあったはず。

ML検索がしばらく前におやすみだったので、すっかり忘れていました。

>Vine 2.0の話だけでよいので、検索は #20000 (2000/3/12)以降のみがいいでしょ
>う。

kernel patchばかり集めているサイトもあるんですね。
いずれにせよ

http://people.redhat.com/mingo/raid-patches/

にある、kernel 2.2.14 用と思われるパッチ
        raid-2.2.14-B1
を拾ってきて
        cd /usr/src/linux
        patch -p1 < ../raid-2.2.14-B1    (raid-2.2.14-B1のところは適宜変えてね)
        make menuconfig
        make dep && make clean && make bzdisk
        reboot

しました。実際は、make menuconfig はこれまでに既に RAID0等を
yesにしていましたので、せずにしました。また、module もこれまでに
作っているからいいだろうと判断してそのままにしました。

reboot後、

当初、md0 が初期化されていないとかなんとかと文句をいれて、
single user mode のためのroot passwdの入力を促進されちゃいました。

どうしたらいいのか不明でしたが、すでに raidtabは書いていたので

/etc/raidtab
raiddev /dev/md0
        raid-level      0
        nr-raid-disks   2
        persistent-superblock   1
        chunk-size      4
        device          /dev/sdc1
        raid-disk       0
        device          /dev/sdb1
        raid-disk       1

としてありました。

mkraid /dev/md0

としましたが、先のメールのように怒られました。それを無視して

mkraid -f /dev/md0

さらに警告されて

mkraid --really-force /dev/md0

として md0 を作成しました。
その後、
        fdisk
        mkfs.ext2 /dev/md0
        mount /dev/md0 /mnt1
として、disk labelをかき、newfs してやり、試しのためにマウントして
ファイルを書き込んでみました。

その後、reboot では、以下のような感じのメッセージがでて、最後の方の
様に、きちんとraid が動いていることが確認できました。


cd /usr ; tar cf - lib | (cd /mnt1 && tar xpf -) なんてすると、
殆ど踏切のランプの様に点滅してナイスです:)

アドバイスありがとうございました。

#次なる作業はXの日本語文字化けです。こりゃ沢山書かれていたような
#気がするのですぐ解決でしょう。見通し明るいわ。


dmesg
Linux version 2.2.14-1vl6 (hogehoge) (gcc version egcs-2.91.66 19990314/Linux
 (egcs-1.1.2 release)) #4 Tue Jun 13 22:53:32 JST 2000
Console: colour VGA+ 80x25
Calibrating delay loop... 49.77 BogoMIPS
Memory: 38692k/40960k available (1096k kernel code, 408k reserved, 724k data, 40
k init)
Checking if this processor honours the WP bit even in supervisor mode... Ok.
Dentry hash table entries: 8192 (order 4, 64k)
Buffer cache hash table entries: 65536 (order 6, 256k)
Page cache hash table entries: 16384 (order 4, 64k)
VFS: Diskquotas version dquot_6.4.0 initialized
CPU: Intel 486 DX/4 stepping 00
Checking 386/387 coupling... OK, FPU using exception 16 error reporting.
Checking 'hlt' instruction... OK.
POSIX conformance testing by UNIFIX
PCI: No PCI bus detected
Linux NET4.0 for Linux 2.2
Based upon Swansea University Computer Society NET3.039
NET4: Unix domain sockets 1.0 for Linux NET4.0.
NET4: Linux TCP/IP 1.0 for NET4.0
IP Protocols: ICMP, UDP, TCP
TCP: Hash tables configured (ehash 65536 bhash 65536)
Starting kswapd v 1.5
Detected PS/2 Mouse Port.
Serial driver version 4.27 with MANY_PORTS MULTIPORT SHARE_IRQ enabled
ttyS00 at 0x03f8 (irq = 4) is a 16450
ttyS01 at 0x02f8 (irq = 3) is a 16450
pty: 256 Unix98 ptys configured
Real Time Clock Driver v1.09
hda: H3256-A3, ATA DISK drive
hdb: WDC AC2420H, ATA DISK drive
ide0 at 0x1f0-0x1f7,0x3f6 on irq 14
hda: H3256-A3, 245MB w/96kB Cache, CHS=872/16/36
hdb: WDC AC2420H, 405MB w/128kB Cache, CHS=989/15/56
Floppy drive(s): fd0 is 1.44M, fd1 is 720k
FDC 0 is an 8272A
md driver 0.90.0 MAX_MD_DEVS=256, MAX_REAL=12
linear personality registered
raid0 personality registered
raid5: measuring checksumming speed
   8regs     :    40.386 MB/sec
   32regs    :    18.669 MB/sec
using fastest function: 8regs (40.386 MB/sec)
scsi0 : Qlogicfas Driver version 0.46, chip 40 at 330, IRQ 11, TPdma:1
scsi : 1 host.
  Vendor: FUJITSU   Model: M2684S-512        Rev: 2033
  Type:   Direct-Access                      ANSI SCSI revision: 02
Detected scsi disk sda at scsi0, channel 0, id 0, lun 0
  Vendor: QUANTUM   Model: PD210S   SUN0207  Rev: 492W
  Type:   Direct-Access                      ANSI SCSI revision: 02
Detected scsi disk sdb at scsi0, channel 0, id 2, lun 0
  Vendor: QUANTUM   Model: PD210S   SUN0207  Rev: 492S
  Type:   Direct-Access                      ANSI SCSI revision: 02
Detected scsi disk sdc at scsi0, channel 0, id 3, lun 0
scsi : detected 3 SCSI disks total.
SCSI device sda: hdwr sector= 512 bytes. Sectors= 1039329 [507 MB] [0.5 GB]
SCSI device sdb: hdwr sector= 512 bytes. Sectors= 408574 [199 MB] [0.2 GB]
SCSI device sdc: hdwr sector= 512 bytes. Sectors= 408574 [199 MB] [0.2 GB]
Partition check:
 sda: sda1
 sdb: sdb1
 sdc: sdc1
md.c: sizeof(mdp_super_t) = 4096
 hda: hda1 hda2
 hdb: hdb1
VFS: Mounted root (ext2 filesystem) readonly.
Freeing unused kernel memory: 40k freed
Adding Swap: 66520k swap-space (priority -1)
(read) sdc1's sb offset: 203648 [events: 00000002]
(read) sdb1's sb offset: 203648 [events: 00000002]
autorun ...
considering sdb1 ...
  adding sdb1 ...
  adding sdc1 ...
created md0
bind<sdc1,1>
bind<sdb1,2>
running: <sdb1><sdc1>
now!
sdb1's event counter: 00000002
sdc1's event counter: 00000002
mask fffffffc
 rdev->size: 203648
 masked rdev->size: 203648
  new md_size: 203648
 rdev->size: 203648
 masked rdev->size: 203648
  new md_size: 407296
md0: max total readahead window set to 256k
md0: 2 data-disks, max readahead per data-disk: 128k
raid0: looking at sdc1
raid0:   comparing sdc1(203648) with sdc1(203648)
raid0:   END
raid0:   ==> UNIQUE
raid0: 1 zones
raid0: looking at sdb1
raid0:   comparing sdb1(203648) with sdc1(203648)
raid0:   EQUAL
raid0: FINAL 1 zones
zone 0
 checking sdc1 ... contained as device 0
  (203648) is smallest!.
 checking sdb1 ... contained as device 1
 zone->nb_dev: 2, size: 407296
current zone offset: 203648
done.
raid0 : md_size is 407296 blocks.
raid0 : conf->smallest->size is 407296 blocks.
raid0 : nb_zone is 1.
raid0 : Allocating 8 bytes for hash.
md: updating md0 RAID superblock on device
sdb1 [events: 00000003](write) sdb1's sb offset: 203648
sdc1 [events: 00000003](write) sdc1's sb offset: 203648

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」