[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:022778] Re: ATA66


本岡です。

峰森さん、加藤さん、ありがとうございました。
無事ATA66で動作させることができました。

From: Junnya Minemori <minemori _at_ vc-net.ne.jp>
Subject: [vine-users:022770] Re: ATA66
Date: Sun, 21 May 2000 03:20:47 +0900
Message-ID: <20000521032047R.minemori _at_ vc-net.ne.jp>
> 確認の方法についてだけ。
> まず、 
> % /sbin/hdparm 
> での出力でusing_dmaがonになっているかどうか確認してみて下さい。

offになっていました。
DMAすら使っていなかったとは(>_<)

> それから、30MB/s 以上の転送能力をもつハードディスクは
> まだ少ないのでATA33で動作していても
> 殆んど気にしなくて良いですよ。

Timing buffered disk readsを見ると15MB/s前後ですね。。。


From: Tomohiro Kato <tomop _at_ infoweb.ne.jp>
Subject: [vine-users:022772] Re: ATA66
Date: Sun, 21 May 2000 04:07:11 +0900
Message-ID: <200005201907.AA00338 _at_ kakin-oh4.infoweb.ne.jp>
> >確認の仕方、ATA66で動作させる方法を教えていただければ
> >幸いです。
>   設定もhdparmを使用します。以下のようにすればUDMA66で動くと思います。
> # hdparm -c1 -d1 -X68 /dev/hda

ありがとうございました。rc.sysinitに記入しました。

>   DMA周りの設定はハングすることもあるのでお気をつけください。FBCR8.4をDMA
>  ありで使ったら、数日後にkernel(2.2.11、IDEパッチなし)が大量のエラーを吐
>  いて止まってました(爆)。

まだ、数時間しか動作させていないので、ちょっと怖い
ところですが(^^;;

>   以下に私の環境(UDMA33ですが)でのテスト結果を載せておきます。
> --
> CPU: PentiumPro-200MHz
> HDD: IBM DTTA-371010 (10GB, 7200rpm, UltraDMA/33)
> OS: Vine Linux 1.1 (kernel-2.2.12)
> 
> # hdparm -t /dev/hda
> 
> /dev/hda:
>  Timing buffered disk reads:  32 MB in  2.79 seconds =11.47 MB/sec
> 
> # hdparm -T /dev/hda
> 
> /dev/hda:
>  Timing buffer-cache reads:   64 MB in  1.26 seconds =50.79 MB/sec

私の方での結果を。
CPU: Celeron533
/dev/hda : IBM-DJNA-371350      (ATA66にしました)
/dev/hdb : QUANTUM FIREBALL CR8.4A(ATA66にしました)
/dev/hdd : QUANTUM SIROCCO1700A  (ATA33にしました)
OS: Vine Linux 2.0(kernel-2.2.14)

           Timing buffered disk reads    Timing buffer-cache reads
/dev/hda:  4.01 MB/sec -> 16.93 MB/sec   113.27 MB/sec -> 111.30 MB/sec
/dev/hdb:  4.03 MB/sec -> 14.58 MB/sec   111.30 MB/sec -> 111.30 MB/sec
/dev/hdd:  2.78 MB/sec -> 4.82 MB/sec    111.30 MB/sec -> 111.30 MB/sec

変更前はDMAがOFFになっていたみたいなので、ATA33とATA66の
比較ではないのですが、HDDアクセスは早くなったみたいです。


以上です。

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
References: