[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:021737] Re: Vine2.0 でSoftwareRAID


たかさきです。


Sun, Apr 30, 2000 at 02:31:54PM +0900 において
Masaki Kawamura さん曰く:


> こんにちは。かわむらです。
>
> From: Horiguchi Yutaka<holy _at_ kw.NetLaputa.ne.jp>
> Subject: [vine-users:021715] Re: Vine2.0でSoftwareRAID
>
> >   かわむらさんから教えていただいた方法は,他の装置で確認 し
> > てみます.(うまくいけばRedHatと入れ換えます)
>
> できたら、教えてください。
> raidtoolsの動作報告もして頂けると助かります。
>

Vineとはちょっと話が離れるのですが、Redhat6.2JでRAID1しています。
グラフィカルインストーラを使うとbootパーティションもRAID1できるようです。

以下、ちょっと長いですけど報告です。


パーティションは2台のディスク共に以下のように切りました。
というか切らされた。

 デバイス ブート   始点      終点  ブロック   ID  システム
 /dev/hda1   *         1        32    257008+  fd  Linux raid 自動検出
 /dev/hda2            33      2495  19784047+   5  拡張領域
 /dev/hda5            33        34     16033+  fd  Linux raid 自動検出
 /dev/hda6            35      2495  19767951   fd  Linux raid 自動検出

Redhat6.2J(Zoot)のインストーラが時動的に作った/etc/raidtabは

raiddev             /dev/md0
raid-level                  1
nr-raid-disks               2
chunk-size                  64k
persistent-superblock       1
#nr-spare-disks     0
    device          /dev/hdc5
    raid-disk     0
    device          /dev/hda5
    raid-disk     1

raiddev             /dev/md1
raid-level                  1
nr-raid-disks               2
chunk-size                  64k
persistent-superblock       1
#nr-spare-disks     0
     device          /dev/hda6
     raid-disk     0
     device          /dev/hdc6
     raid-disk     1

raiddev             /dev/md2
raid-level                  1
nr-raid-disks               2
chunk-size                  64k
persistent-superblock       1
#nr-spare-disks     0
      device          /dev/hda1
      raid-disk     0
      device          /dev/hdc1
      raid-disk     1
です。


fstabのRAID関係は
/dev/md1                /                       ext2    defaults        1 1
/dev/md0                /boot                   ext2    defaults        1 2
/dev/md2                swap                    swap    defaults        0 0
となっているので、

/dev/md0 --> /dev/hd*5 --> /boot
/dev/md1 --> /dev/hd*6 --> /
/dev/md2 --> /dev/hd*1 --> swap
となります。(パーティションの切り方がイヤ(^^;)

HDD2を抜くと
hda1's event counter: 00000008
md2: former device [dev 16:01] is unavailable, removing from array!
md2: max total readahead window set to 128k
md2: 1 data-disks, max readahead per data-disk: 128k
raid1: device hda1 operational as mirror 0
raid1: md2, not all disks are operational -- trying to recover array
raid1: raid set md2 active with 1 out of 2 mirrors
md: updating md2 RAID superblock on device
hda1 [events: 00000009](write) hda1's sb offset: 256896
md: recovery thread got woken up ...
md2: no spare disk to reconstruct array! -- continuing in degraded mode
md0: no spare disk to reconstruct array! -- continuing in degraded mode
md1: no spare disk to reconstruct array! -- continuing in degraded mode
md: recovery thread finished ...
となりますが、普通に起動します。

# cat /proc/mdstat
すると
Personalities : [raid1] 
read_ahead 1024 sectors
md2 : active raid1 hda1[0] 256896 blocks [2/1] [U_]
md0 : active raid1 hda5[1] 15936 blocks [2/1] [_U]
md1 : active raid1 hda6[0] 19767872 blocks [2/1] [U_]
unused devices: <none>
mirrorの方割れが死んだといいます。

ただHDD2を戻すだけではRAID1は復旧しません。

# raidhotadd /dev/md0 /dev/hdc5
# raidhotadd /dev/md1 /dev/hdc6
# raidhotadd /dev/md2 /dev/hdc1
が必要です。
この辺がハードウェアRAIDと比べて面倒な所。

この後
# cat /proc/mdstat
すると
Personalities : [raid1] 
read_ahead 1024 sectors
md2 : active raid1 hdc1[2] hda1[0] 256896 blocks [2/1] [U_]
md0 : active raid1 hdc5[0] hda5[1] 15936 blocks [2/2] [UU]
md1 : active raid1 hdc6[2] hda6[0] 19767872 blocks [2/1] [U_] recovery=1%
finish=191.7min
unused devices: <none>
自動的にbackgroundで復旧している様子です。
  
 
-----------------------------------
たかさきもとひろ(高知LINUX USER会)
mo_taka _at_ mxb.mesh.ne.jp
http://www2.biglobe.ne.jp/~motaka
http://kochi-med.net/
-----------------------------------

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
References: