[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[linux-users:64688] Xの設定for i810


こんにちは、ひらやまです。
適切なSubjectが思いつきません、ごめんなさい。


i810(intel 810)についてXの設定が出来たので報告します。といっても
ほとんど日経Linux2000年 1月号に書いてあるとおりなんですが...
これも著作権の侵害に当たるのかな〜。店頭には2000年2月号が出ていて、
1月号は店頭にはないということで(大目にみてもらうということで)、
ひらにお許しを。
  #スキルのある方にはあたりまえのことなんでしょうけど、
  #私と同じような newcomer な方のお役に立てば幸いです。


環境は
Mandrake6.1-JP(日経Linux2000年2月号付録 当然 glibc 2.1,XFree86 3.3.5
収録),kernel 2.2.13
i810 chipset使用のM/B(A Open から出ているベアボーンキット MX3W LAN
タイプ,パソコン専門店で \25,800ぐらいで販売されているもの),
Celeron 466MHz & DIMM 128MB


手順(glibc 2.1の環境が前提)
1 必要なファイルのダウンロード
ftp://ftp.precisioninsight.com/pub/precisio/XFCom/  から
  XFCom-i810-glibc2.1-1.0.0-rh61.i386.rpm , I810Gtt-0.1-4.src.rpm を
  ダウンロード

2 root権限でXFCom-i810〜をインストール
# rpm -ivh  XFCom-i810-glibc2.1-1.0.0-rh61.i386.rpm

3 root権限でsrcをコンパイル & インストール
# rpm -ivh I810Gtt-0.1-4.src.rpm
# cd/usr/src/RPMS/SOURCES
    ↑ディレクトリはディストリビューションによってことなるかも?
      日経Linux誌はLaser5 Linux 6.0 を使っていて、
      /usr/src/redhat/SOURCES と書いてありました。
# tar -xzvf I810Gtt.tar.gz
    ↑日経Linux誌にはオプション zxf で解凍・展開してありました。
# make
# make install

4 Xの設定
  XF86Setup で Unsuppoted VGA Compatible と設定。
      xf86configの方がいいかも
      また日経Linux誌は、Unlist Card の SVGAを推奨
      #私は見つけられなかったけど

5 XF86Configの修正
  XF86Config(/usr/X11R6/lib/X11/XF86Conig)を以下のように修正

Section "Device"                      Section "Device"         
  Identifier  "hogefuge"   →           Identifier  "i810"
  VenderName  "Unknown"    →           #  VenderName  "Unknown"
  どうたらこうたら         →           #  どうたらこうたら
       :                  →           #       :
  どうたらこうたら         →           #  どうたらこうたら
EndSection                            EndSection 

  日経Linux誌によると、日本語環境で動作させるには TrueTypeフォントも
  パスをコメントアウトとのこと。

6 リンクの張り替え
# cd /etc/X11
# ln -sf /usr/X11R6/bin/XFCom_i810 x

7 その他?
日経Linux誌によると以上で終了、後は一般ユーザーで startx で OK との
ことですが、私は startx すると XF86Config の Section "Screen"  の
Device が悪いと怒られたので、XF86Config を以下のように修正しました。  
  #怒られるのも当たり前といえば当たり前ですが

Section "Screen"                      Section "Screen"
  どうたらこうたら         →           どうたらこうたら
  Device  "VGA"            →           Device  "i810"
       :                  →                :
  どうたらこうたら         →           どうたらこうたら
EndSection                            EndSection


以上です。
後はお好みのように XF86Config 等を修正するなり、いじりまわしてください。

参考にさせていただいたもの
日経Linux2000年 1月号 P13-14 Linux Report 「X用のi810ドライバ」
linux-users,vine-usersの過去メール


--
ひらやまあきかず(hirayama _at_ fka.att.ne.jp)

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」