[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[linux-users:59857] Re: How to mount the BSD partition...


岩佐@アルファシステムズ です。

  #  linux-usersとFreeBSD-beginners-jpは両方読んでます。

> おはようございます	二宮 % FreeBSD-beginners-jp @ お四国 です。
> 
> linux の事は解らんので、以下自分の喋る言葉は FreeBSD (用)語です。

> ntsu9121> mount -t ufs -o ufstype=44bsd /dev/hda3 /mnt/bsd
> ntsu9121> 
> ntsu9121> でマウントできました。ここでまた疑問。
> ntsu9121> /mnt/bsd/rootや/mnt/bsd/etcの中は見れるのに/mnt/bsd/usrは見れません。

> FreeBSD の入ってるスライスは、おそらく / , /usr ,, 複数パーティション
> に別れているのでしょう。普通はそうしますよねっ
> / パーティションしか見えてないのだと思います。
> 
> うちはこんな構成です。
> 
> nin _at_ ninslib$ mount
> /dev/wd0s3a on / (local, writes: sync 61 async 2897)
> ...
> /dev/wd0s3e on /usr (asynchronous, local, writes: sync 2094 async 111968)
> ...
> 
> (linux)/dev/hda3 だと (うちのFreeBSDの)/dev/wd0s3a しか見えないという事
> だと思います。

> ntsu9121> 見る方法はあるのでしょうか?
> 
> linux で FreeBSD のパーティション(e.g. /dev/wd0s3e)を指定する
> デバイスファイル名の記述方法を自分は知らないのでお答えできませんが、
> それさえ解れば可能な気がします。

  linux kernelのバージョンに依存したりもしたように記憶しています。

  むかしは、

	FreeBSD		Linux
ufs	wd0s1a		hda1
ufs	wd0s1e		hda2
ext2fs	wd0s2		hda3

  という対応関係だったと思いますが(非常につかいづらい)、いまは、

ufs	FreeBSD		Linux
ufs	wd0s1a		hda3
ufs	wd0s1e		hda4
ext2fs	wd0s2		hda2

  という対応になるはずだと思います。

  ufsはどんどん後ろの番号がわり当たります。ちなみに、FreeBSD-3.2R &
linux-2.2.12共存の、私の端末のfstabは、こんな感じです。


FreeBSD:/etc/fstab

# Device	Mountpoint	FStype	Options		Dump	Pass#
/dev/wd0s5	none		swap	sw		0	0
proc		/proc		procfs	rw		0	0
/dev/wd0s2a	/		ufs	rw		1	1
/dev/wd0s2f	/var		ufs	rw		2	2
/dev/wd0s2e	/usr		ufs	rw		2	2
/dev/wd0s8	/home		ext2fs	rw		2	2
/dev/wd0s9	/opt		ext2fs	rw		2	2
/dev/wd0s1	/linux		ext2fs	rw		0	0
/dev/wd0s6	/linux/var	ext2fs	rw		0	0
/dev/wd0s7	/linux/usr	ext2fs	rw		0	0
/dev/acd0c	/cdrom		cd9660	ro,noauto	0	0


Linux:/etc/fstab

/dev/hda1	/		ext2		defaults	1	1
none		/proc		proc		defaults	0	0
/dev/hda5	swap		swap		defaults	0	0
/dev/hda6	/var		ext2		defaults	1	2
/dev/hda7	/usr		ext2		defaults	1	2
/dev/hda9	/opt		ext2		defaults	1	2
/dev/hda8	/home		ext2		defaults	1	2
/dev/hda10	/FreeBSD	ufs		ufstype=44bsd	0	0
/dev/hda11	/FreeBSD/usr	ufs		ufstype=44bsd	0	0
/dev/hda12	/FreeBSD/var	ufs		ufstype=44bsd	0	0
/dev/cdrom	/cdrom		iso9660		noauto,ro	0	0

--- Think Diffident ----------------------------------------
                                            uaitne.

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
References: