[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[linux-users:51432] Re: Q:About ppxp.


いわたです。

On Thu, 29 Apr 1999 00:39:38 +0900
"Kikuchi" <kikuchi _at_ public.bta.net.cn> wrote:

-> PPXPの件でレスありがとうございます。さっそく試してみたんですけど
-> 思ったことができませんでした。

ちょっと勘違いなさっている点があるようですね。

-> ・現在の環境
->   VINE0.9に入っていたPPXP version0.98112523を使用しています。
->
-> ・やりたいこと
->   PPPに接続したあと自動でスクリプトを実行
-> 
->   とりあえず、PPP接続したら、
->   echo hogehoge > /usr/hoge
->   として/usr/hogeファイルを作成しようと考えています。

菊地さんの文面からして、rootでの接続、ということでよろしいですね。
以下、その前提で書きます。

まず、echohogeというファイルを/etc/ppxp/rc以下に作ってください。
ファイルの内容は、

#!/bin/sh
echo hogehoge > /usr/hoge

です。
そして、
# chmod +x echohoge
を実行してください。

これで準備の第一段階が終了です。

そして、/etc/ppxp/ip以下にmystartというファイルを作ってください。
mystartには

echohoge

とだけ書いてください。

これで準備の第二段階が終了です。

そして、準備の第三(最終)段階に移ります。

->   "ppxp mika -C 5555555"として私が加入しているISPへ接続します。
この文章から、おそらく、/etc/ppxp/confの下にmikaというファイルが
あると思いますが、そのファイルをrootで編集します。
一番最後の行でいいですので、

set IP.START mystart

と書きこんでください。

これで、おそらくうまく行くはずです。
接続してみてください。:-P


要は、
1./etc/ppxp/rc以下に、実行したいシェルスクリプトなどを書きます。
  (echohoge)
2./etc/ppxp/ip以下に、1で作ったものを呼び出すPPxPのIPスクリプト
  を書きます。(mystart)
3.最後に、/etc/ppxp/conf以下にあるファイル中で、IP.START変数に
  2で作ったPPxPのIPスクリプト名を設定します。
  (set IP.START mystart)
という手順です。

3については、別に設定ファイルに書かなくても、PPxPのプロンプトで
ppxp> set IP.START mystart
としてもOKです。



-> ・疑問
->   もしかして、ISP側にppxpが設定されていないとPPP接続時にクライ
->   アント側でスクリプトを自動で実行できないのでしょうか。

それは無いので、ご安心を。



-> >いわたです。
-> >
-> >http://www.dsl.ics.tut.ac.jp/~manabe/PPxP/message/wwwbbs.cgi?980910113543
-> >にそれに関する記述があります。
-> >
-> >僕がPPxPの掲示板で同じことを質問したら、作者の真鍋様が
-> >お答えくださりました。


上記ページの文章を引用しておきます。
Vineの場合、ディレクトリ構成が、PPxPのデフォルトのそれと異なり
ますので、注意が必要です。
# って、前のメールで書いておけば良かったですね。
なお、rootでなく、一般ユーザの場合は、下の引用そのままでいいはずです。

-> re(1):接続時実行スクリプトと切断時実行スクリプト
-> 
-> 
-> 接続時、あるいは切断時に自動実行されるスクリプトはそれぞれ
-> IP.START. IP.STOP で指定します。これらの変数で指定するのは
-> PPxP の IP スクリプトファイルであり、~/.ppxp/ip, /usr/local/etc/ppxp/ip
-> の順に探されます。一般ユーザー権限で動作させたいものは
-> ~/.ppxp/ip 以下に置くようにすればよいでしょう。
-> 
-> また、単にコマンドを実行するだけではなく、バックグラウンドで動かしたり、
-> リダイレクトさせたりしたい場合は PPxP のスクリプトでは無理ですので、
-> 一旦シェルスクリプトで記述し、それを PPxP スクリプトから呼び出す形に
-> します。その場合の検索パスが ~/.ppxp/rc や /usr/local/etc/ppxp/rc
-> です。
-> 
-> ということで、たとえば接続時にメールキューをフラッシュしたいなら、
-> 
-> start sendmail
-> 
-> という内容の PPxP スクリプト(mystart)を ~/.ppxp/ip に置き、
-> 
-> set IP.START mystart
-> 
-> としておけば良いでしょう。
-> お試しください。


---
Yusuke Iwata (23y, Male)
Mailto: y-iwata _at_ pop06.odn.ne.jp
PostPet: sario2 _at_ geocities.co.jp
※メールの書き方を含め、至らぬ点・間違いがありましたら、
  なんなりとご指摘ください。

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
References: