[Julius Web page]
[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[julius-u:00224] 不正オプション時の不具合と 2nd pass のメモリ・リークについて


Julius Users ML の皆様

お世話になっております。新堂@村田機械です。

以下 2 つの不具合を発見したので、Julius 3.5.3 を対象にしたパッ
チを作成しました。ご確認いただければ幸いです。

1. "julius -h hmmdefs,tmix.gz -h" の様に、内部的に文字列を複
製して保持するオプションを 1 度目は普通に 2 度目は空で呼び出
すと、free() を同一メモリ領域に対し 2 回適用する可能性があり
ます。

2. wchmm_fbs() の認識結果格納スタック (リスト) の内容が解放さ
れず、メモリ・リークを起こしている様です。

Attachment: julius-3.5.3.diff.bz2
Description: Binary data

以上、宜しくお願いいたします。

-- 
Yasutaka SHINDOH / Murata Machinery, Ltd., JAPAN

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: