[Julius Web page]
[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[julius-u:00203] Re: オプション設定処理周辺のメモリ・リークの可能性について


新堂@村田機械です。

>>>>> In message <m2bqnetygw%wl.yasutaka.shindou@xxxxxxxxxxxxxxxxx>
>>>>>	yasutaka.shindou@xxxxxxxxxxxxxxxxx wrote:

> オプション設定処理 opt_parse() および config_file_parse() で
> 確保したメモリ領域に、解放し忘れの箇所が複数あるようです。ま
> だ簡単なテストしかしておりませんが、CVS 版を対象にとりあえず
> のパッチを作成しましたので送信させていただきます。
> [2 julius-cvs.diff.bz2 <application/octet-stream (base64)>]

上記のパッチですが、一部グローバル変数の初期化状態を考慮して
いない不完全なものでした。申し訳ありません。更に修正したので、
確認していただければ幸いです。

Attachment: julius-cvs.diff.bz2
Description: Binary data

以上、宜しくお願いいたします。

-- 
Yasutaka SHINDOH / Murata Machinery, Ltd., JAPAN

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
References: