[Julius Web page]
[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[julius-u:00160] Re: N-bestでの探索数について


奈良先端大の 李 です.

> オーム社出版の「音声認識システム」本において
> Nベスト探索は,通常10個程度を求めれば十分である
> とありますが,何故ですか?.

経験則です.10という数字に理論的な根拠があるわけではありません.

N-gram言語モデルを用いた探索では,A*探索としての最適性が厳密には保証さ
れないため,最初に求めた解が最適(=最尤)の解でない可能性があります.
このため,解を1つだけ求めると,それが最尤解でない可能性があります.
求める解の数を増やしていけば,その中に最尤解がある可能性はどんどん
高まってきます.

何回か実験を行った結果,だいたい10個ぐらいを求めれば,
ほぼその中に最適解が存在するということが経験的に言えるので,
そのような表記になっています.

では.
-- 
 李 晃伸 (ri@xxxxxxxxxxxxxxxxxx) 
 奈良先端科学技術大学院大学(奈良先端大)
 情報科学研究科 音情報処理学講座 助手

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: References: