[Julius Web page]
[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[julius-u:00099] Juliuslib


名古屋大学の坂野です.長文で申し訳ありません.

Juliusのライブラリ化を行いました.比較的低レベルな制御が可能なことと,
容易に扱えることを目標に作りました.WindowsではDLLになっています.

京都大学の方ではSAPI化も進んでいるので,ライブラリ化にどれほど意味が
あるのかは分かりませんが,個人的には,Windowsだけで動くアプリケーション
にはあまり興味がないので作ってみました.
# まわりからの要望が結構あった,というのも理由の一つです.

ソースは,これまで私が公開していたjulius-3.1p1_sp2をバージョンアップ
した形になっています.julius-3.1p1_sp2との主な違いは以下の通りです.
 * ライブラリ化
 * julius-3.1p2ベース
 * RPM化をした
 * Windows版の実行ファイルを別パッケージに

ダウンロードは以下のURLからできます.
ないファイルがあったり,解凍できないファイルがあったりしたら
教えて頂けると幸いです.

コマンドライン版のバイナリ

 http://www.itakura.nuee.nagoya-u.ac.jp/people/banno/archive/julius-3.1p2_sp3-1.win.zip (Windows)
 http://www.itakura.nuee.nagoya-u.ac.jp/people/banno/archive/julius-3.1p2_sp3-1.i386.rpm (RPM; Linux glibc 2.1)

ライブラリのバイナリ

 http://www.itakura.nuee.nagoya-u.ac.jp/people/banno/archive/julius-lib-3.1p2_sp3-1.win.zip (Windows)
 http://www.itakura.nuee.nagoya-u.ac.jp/people/banno/archive/julius-lib-3.1p2_sp3-1.i386.rpm (RPM; Linux glibc 2.1)

コマンドライン版,ライブラリのソース

 http://www.itakura.nuee.nagoya-u.ac.jp/people/banno/archive/julius-3.1p2_sp3-1.tgz
 http://www.itakura.nuee.nagoya-u.ac.jp/people/banno/archive/julius-3.1p2_sp3-1.zip 
  (tgzと内容は全く同じです)
 http://www.itakura.nuee.nagoya-u.ac.jp/people/banno/archive/julius-3.1p2_sp3-1.src.rpm (SRPM)

julius-3.1p2 に対するパッチ

 http://www.itakura.nuee.nagoya-u.ac.jp/people/banno/archive/patch_3.1p2-3.1p2_sp3.gz 
  (バイナリ含まず.Windowsのプロジェクトファイルの一部も含みません)
 http://www.itakura.nuee.nagoya-u.ac.jp/people/banno/archive/patch_3.1p2-3.1p2_sp3-bin.gz
  (バイナリを含むものです.Windowsでも開発をしたい人はこちら.)


また,実行キットからデータファイルだけを取り出して,パッケージ化しました.
ソースには実行キットそのものが含まれています.コマンドライン版をRPMで
インストールする場合には先にインストールしておく必要があります.

データのバイナリ

 http://www.itakura.nuee.nagoya-u.ac.jp/people/banno/archive/julius-data-2.1-1.zip (約20MB) 
 http://www.itakura.nuee.nagoya-u.ac.jp/people/banno/archive/julius-data-2.1-1.noarch.rpm (RPM; 約20MB) 

データのソース

 http://www.itakura.nuee.nagoya-u.ac.jp/people/banno/archive/julius-data-2.1-1.src.rpm (SRPM; 約20MB)

こうやってRPMにしてみると,いろんな言語モデルや音響モデルの
RPMのバリエーションもあると便利かもしれないと思いました.
RPM化はこちらでやりますので,誰か公開しませんか? # 西村君,どう?


以上の内容は,次のURLにまとめておきました.ダウンロードもできます.

 http://www.itakura.nuee.nagoya-u.ac.jp/people/banno/julius.html

李さん,よろしければ,リンクの更新をお願いします.
ただ,ファイルが多くなってしまったので,どうリンクを
張ってもらうのがいいのか….Windows用の実行ファイルのバイナリ,
Windows用のライブラリ,zipのソースあたりでしょうか?

 http://www.itakura.nuee.nagoya-u.ac.jp/people/banno/archive/julius-3.1p2_sp3-1.win.zip
 http://www.itakura.nuee.nagoya-u.ac.jp/people/banno/archive/julius-lib-3.1p2_sp3-1.win.zip
 http://www.itakura.nuee.nagoya-u.ac.jp/people/banno/archive/julius-3.1p2_sp3-1.zip 

なお,実行キットはまだ更新してません.

では.

====================================================
  坂野秀樹@名古屋大学大学院経済学研究科情報処理室
     Email:banno@xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx      
====================================================

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」