[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[fol] Re: CD イメージについて


中村@Aceです。

> #長くなってしまいました。
> #以前は、この件について良くまとまったweb上のpageがあったのですが、
> #今は無くなってしまったようなので、そこにあったことを含めて書いて
> #おきます。
>
> 以前同じ話で木村@Aceさんにフォローしましたが(^^;今回はもっと詳しく
> 書いておきます。
>
> flip wrote:
> >
> >  中村@Aceです。
> > RedHatLinuxをFTPでダウンロードしてCD-Rに焼き付けて使用したいと思っていま
す。
> > 前にどこかのFTPにCDイメージ形式であったのですがいざDLしようと探すとどこ
にあ
> > るかわから無くなってしまいました。どなた様かCDイメージのある場所をご存知
の方
> > いましたら教えてください。
>
> CDイメージは、
>
> ftp://ftp.kddlabs.co.jp/pub/Linux/packages/RedHat/cdimages/
>
> にあるredhat-6.0-i386.isoというfileのことでしょう。
> 以前は"cdimages"というdirectoryは"redhat-6.0-iso"という名前でした。
>
> > 尚、CDイメージはどのようにCD-Rに焼き付けたら宜しいのでしょうか?
> > 当方Dos/V機とスパーク機でRedHatを使いたいと思っています。
> > よろしければ焼き付け方も教えてください。
>
> 焼くのもLinuxでやると思って説明します。
> 違う場合は、それぞれにToolがあると思うので、調べてください。
> で、i386の場合ですが、CDイメージがあるのでしたら、cdrecordという
> toolを使って焼けます。
> これのrpmの物が、RedHatのcontribのところにあるので持ってきます。
>
> ftp://mirror.nucba.ac.jp/mirror/redhat-contrib/
> ftp://ftp.kddlabs.co.jp/pub/Linux/packages/RedHat/contrib/
>
> などから手繰っていけます。(libc6/i386あたりでしょうか)
> 実行するコマンドは
>     cdrecord -v -dummy speed=4 dev=2,0,0 redhat-6.0-i386.iso
> で動作確認をして、
>     cdrecord -v speed=4 dev=2,0,0 redhat-6.0-i386.iso
> という感じです。詳しくは、manを参照してください。
>
>
> また、ftpからごっそりfileをもってきてCDイメージを作る方法も簡単に
> 説明しときます。
> ごっそり持ってくるのは、ncftp等を使うと楽です。
> 持ってこれるものは色々あるのですが…
>
> 日本語Redhat5.2は、β2.3フリー版というのが
> ftp://ftp.cdrom.co.jp/pub
> のRedHatという名前で持ってこれるようです。
>
> 6.0英語版は、ミラーサイトがまとめてある
> http://www.redhat.com/mirrors.html
> のAsiaのリスト中から選ぶといいでしょう。
> 私は、
> ftp://mirror.nucba.ac.jp/mirror/redhat/redhat-6.0/
> ftp://ftp.kddlabs.co.jp/pub/Linux/packages/RedHat/dist/redhat/redhat-6.0/
> といったところからもってきました。
>
> また、6.0のupdatesも既に出ているので、上記のミラーサイトから手繰っ
> て持ってこれます。
>
> 持ってきたものの階層が、大まかに次のようになっているとします。
> (だいぶ省略してます)
>
> RHL6.0---i386---RedHat ---RPMS
>               |-images
>               |-updates---i386
>                         |-images
>
>
> ここで、CDイメージを作る前に、
>
>     cd RHL6.0
>     chmod -R 755 i386
>     chown -R root:root i386
>
> としてやる必要があるようです。
> (chmodがほんとに必要かどうかは、まだ検証していないのですが…)
> CDイメージを作るのは、
>
>     mkisofs -b updates/images/i386/boot.img -c boot.catalog \
>             -o ../rhl69.iso \
>             -J -r -T \
>             -p RedHat_Linux \
>             -P www.redhat.com \
>             -A RedHat_Linux_6.0_GPL_version \
>             -V RH60GPL \
>             .
>
> 等とすると良いです。これでbootableなCD-Rのイメージが出来ます。
> updatesがない場合は、-bのところは、images/boot.imgです。
> mkisofsは、これまたRedHatのcontribからもってこれます。
> mkisofsという名前のものと、cdrecord-mkisofsというものがあります。
> 私は、上記cdrecordと一緒に、cdrecord-mkisofsの方を持ってきました。
>
> イメージが出来たら、mountしてちゃんと出来たかどうか確かめます。
>
>     mount -t iso9660 -o loop rhl60.iso /mnt
>     ls -la /mnt
>     umount /mnt
>
> などなどして、内容を確認します。
>
>     cdrecord -v -dummy speed=4 dev=2,0,0 rhl60.iso
>
> で動作確認をして、
>
>     cdrecord -v speed=4 dev=2,0,0 rhl60.iso
>
> を実行します。
>
>
> 最後になってしまいましたが、CD-Writing-HOWTOも参照してください。
> なにか間違ってるところがありましたら、ご指摘ください。

以前に木村がお世話になったとは思いませんでした(^^;;
その節はどうもありがとう御座います。
そして今回も同じ会社から(部署は違うのはあまり知らないのですが)の質問に
わざわざ長文にてご解説していただき誠に有難う御座います。
なかしず@ビー・ユー・ジー さんの上記の解説を頼りにWebなどで検索しどうにか
CD-Rに焼き付けることができました。どうもありがとう御座いました。

中村@Ace
flip _at_ ace.gr.jp

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
References: